マイクプリのMOD

数年前から歌好きな奥さまの歌声を残そうと自宅録音を始めてきましたが、あれやこれやしてるうちに遂にマイクプリ(の改造?)に手を出してしまいました(;’∀’)

Golden Age Project PRE 73 MKIII

うちにRODE NT2-Aというコンデンサーマイクがあるのですが、元々低音を補いたいという理由でAUDIX OM6というダイナミックマイクを長年使ってきた奥さまに、上はいいけど下がビミョウ😗と言われ、使いこなせないまま防湿庫の肥やしと化していました😔

そんな中、ゲーム界隈から始まり音楽コミュ化したユアリズム主催の深夜食堂Discordサーバで、「やっぱコンデンサーマイクの方がキレイに録れるよね🎤😎」という話題からマイクプリを経て、ニーヴってなによ?と会話が弾んでいきました。

ググってみたらCarnhillトランスに交換するとかDIY的に美味しすぎるじゃないですか😍
(残念ながらDLXの方は在庫が無かったので、MKIIIにしました。MKIIIのトランス交換は、DIY-For Musiciansさまのブログ記事で丁寧に説明されています。最初からCarnhillトランスが組まれているプリミアとかもありましたがDIY(私個人)的に圏外です)

Carnhillトランス

英国のAudio Maintenance Ltdから取り寄せました。MKIIIにはHPF用のインダクターが無いのでインプットトランス(CA-18-VTB9045M)とアウトプットトランス(CA-18-VTB1148)を交換します。また、MKIIIはMICとLINEのインプットが兼用で1入力のみになっているのでインプットトランスも1個だけ交換します。
トランス2個、送料込みで約1万円くらいでした。注文から配達まで一週間ほどで届いたのは驚きでした😳

想像では・・・これくらい、スパルタンな送られ方をしてくるんだろうなぁ😱と思っていましたが、
ナニコレ!めっちゃキレイ!で驚きました✨
中身もトランスはそれぞれ説明書付きで箱に入っており、緩衝材で丁寧に梱包されていて、ほんと感動しました。👏🏻

ランス交換

マイクプリ本体の天板を外して交換していきます。赤いトランスはヤル気が出ますね👍
基盤を外し、インプットトランスを交換します。基盤は最初からCarnhillに交換する前提になっているので元のトランスを外して交換するだけです🛠手前に散らばっているのは吸い取った元のハンダです。
基盤を戻し、アウトプットトランスを組み込んで完成です👍
個人的にはトランスが赤くなって満足したので結果はどうでも良くなりました(笑)

まずは、このプリアンプを使う事で、NT2-Aがかなり扱いやすく、積極的に使えるマイクになったと感じました。ヴォーカルだけでなくギターやベースでどんな音になるかお試ししていきます♪

GRACE design m101

そして、GAPとは真逆なトランスレスのマイクプリm101も譲ってもらったので、色々お試ししていきたいと思います。

深夜食堂の方でうたってみた検証をしています🎤ご興味がおありの方がおられましたらお気軽にお寄りくださいまし🤩