My Heart Will Go On / Celine Dion

映画 「タイタニック」(”Titanic”)のテーマ歌をうたってみました♪
うた:みかくま🐻
おと:ふぉろん💻

この曲を作るのに一番困ったのは、出だしの笛の音。
調べてみたらティン・ホイッスルという笛らしいのですが、CubaseやKOMPLETEに入っている音源には尺八しかない(-“-;
尺八だと高音の音が太いんじゃない?って気になりだしたら止まらず、ティン・ホイッスルの音源を探し求める旅に・・・結局、縦笛の別名「ペニー・ホイッスル」をSoundIRON社で発見してPayPal♪

2017.06.11追記
うちのヴォーカルが「何か楽器をしたい!」とのことで・・・我が家にもティン・ホイッスルがやってきました♫
ケルトの笛屋さんで「Killarney whistle」というD管のティン・ホイッスルを買ってみました。いい音がしますが、吹くのは難しいみたいです。

映画「タイタニック(”Titanic”)」(wikiから引用)

タイタニック号が沈没してから84年後の1996年。トレジャー・ハンターのブロック・ロベットらはタイタニックと共に沈んだとされる最高峰のダイアモンド「碧洋のハート」の在り処を探るべく、小型潜水艇を用い深海のタイタニックの調査を行っていた。そして、上流階級女性が搭乗していたと思われる1等客室の部屋から一つの金庫を発見する。歓喜に包まれる調査団は金庫をこじ開けたものの、中にあったのは彼らが探していた宝石ではなく、古ぼけた紙切れだった。
しかし、その紙切れを綺麗に洗い直すと裸体の女性が浮かび上がり、その胸には「碧洋のハート」らしきダイヤを身に着けていたのだった。この一枚の絵画の発見をブロックはテレビで堂々と報じ、その放送を見たある老女は驚きを隠せずにはいられなかった。そしてブロックに一本の電話が入った。その声の主はなんと沈没事故から奇跡的に生還し、今では100歳を超えるその絵のモデルだった。ブロックと連絡を取り合った女性は孫娘ともども調査団の船に訪れ、静かにあの豪華客船の中で起こった知られざる話を語り始める。

監督:ジェームズ・キャメロン、主演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット

ビデオ(VHS、DVD)何回観た?ってくらい何回も観ました・・・大作ですね。
この曲をカヴァーした時、また観たくなって、ついにDVD買ってしまいました(笑
主役のお二人はもちろん素晴らしいですが、私はビリー・ゼインが好きです。
大好きなスナイパー映画「山猫は眠らない」(1993年)でも失敗する二枚目をええ感じに演じてました。
第四作『山猫は眠らない4 復活の銃弾』(2011年)では渋い教官役で・・・カッコ良かったです。
最新の『山猫は眠らない6 裏切りの銃撃』(2016年)にも出演しているみたいですね。観なければ~

そして、どこまで拘って、いったいいつ完成するのだろう・・・
完成を楽しみにしているゲーム
Titanic: Honor and Glory
クラウドファンディングが終了した後に知ったので先行投資ができませんでしたが、完成したら必ず買います!

written by ふぉろんアバター